婚活したけど、結局元サヤ

介護福祉士は気持ちの部分が大事

介護福祉士は気持ちの部分が大事

介護福祉士で働くためには気持ちの部分が大事になってきます。相手がお年寄りや体が不自由な方、心が不安定な方がメインになってきますので自分の思っている通りにならない事だってあります。そういう時にいかに患者さんの気持ちになって穏やかな気持ちを持って接していけるかが大事になってきます。
もし、介護福祉士が穏やかでいないと施設を利用している人も不安がでたり、さらに言う事を聞いてくれなくなる事もあります。そうなると対応するのが難しくなり、お世話をするのが大変になってきます。多少自分の思った通りにならなくてもそこは我慢していく事が必要です。お困りのことがあれば介護福祉士に電話をお願いします。

 

利用している人はお金を支払って施設を利用しているのでそれなりの対応をしていく必要があります。つまり、きちんと世話をして利用者の人たちに気持ち良く毎日を生活してもらう義務があります。それを意識して働くと自然に気持ちも穏やかになりますし、そういった事が介護福祉士で働くためには大事になってきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ